東京都中野区杉並区・練馬区・世田谷区等で相続についてお悩みなら、中野駅徒歩2分の東京国際司法書士事務所『中野相続手続センター』までご相談ください。

〒164-0001 東京都中野区中野3-39-9 倉田ビル1階 <JR・東西線 中野駅南口より徒歩2分>

相続相談会実施中!【予約制】

03-6382-6658

受付時間

10:00~19:00(土日祝を除く)

胎児は相続できるのか?

胎児が無事に生まれてくれば

胎児も相続人となります。

被相続人(亡くなった方)が亡くなったときに存在しないものは相続人となりえないという原則が相続にはあります。

別の言い方をすると、被相続人が亡くなった時にすでに亡くなっている者は、相続人となることができないということです。

胎児の場合は?

では、胎児はどうでしょうか?
被相続人が亡くなった時に存在していないのでしょうか?

 

 

答えは、胎児には例外的に相続する権利があるとされています。

そして、胎児が無事に生まれてくれば胎児も相続人となります。
もし、残念ながら死産となった場合には、その権利を失うこととなります。

民法886条

1.胎児は、相続については、既に生まれたものとみなす。

2.前項の規定は、胎児が死体で生まれたときは、適用しない。

このような法律があるため、胎児が出生するまでは、相続放棄または遺産分割協議をすることはできないことになります。なぜなら、相続人が誰になるのかは、胎児が無事に生まれてくるまで確定しないからです。

胎児が無事に生まれてくれば、生まれた子は相続人となっていきますが、実際の遺産分割協議は複雑になるでしょう。

胎児が生まれてみないと、だれが相続人であってその相続分がいくらなのかも決まらないのです。

胎児が生まれてきたら

胎児が生まれてから相続人全員で遺産分割協議をするにあたって、生まれてきた子に判断する能力はないので、特別代理人を選任する必要があります。

これは、遺産分割協議において母親とその子とは利益が対立する、という理由から必要となります。

”利益が対立する”とは

母親と子で利益が対立するというのは、例えば、母と生まれたばかり子の2人が相続人の場合、子は自分で判断できない状況であるので、法定代理人である母が子の代理人となると、母は自分1人で相続財産のすべてを自分で相続すると決めることができてしまいます。この状況を利益相反関係にあるといいます。

法律ではそれを防ぐため、遺産分割において母親は未成年の自分の子の代理人となることはできません。

特別代理人になるのは、利害が対立しない相続人でない第三者(親戚や相続の専門家)を家庭裁判所に選任してもらいます。

この代理人を選任する手続きは、胎児の場合だけでなく未成年の子がいる場合にはかならず必要な手続きとなります。

特別代理人選任手続き

●申立人

親権者、利害関係者

●費用

子1人につき収入印紙800円分
連絡用の郵便切手(金額は裁判所により異なります)

●一般的な必要書類

①特別代理人選任申立書
②未成年者の戸籍謄本
③親権者または未成年後見人の戸籍謄本
④特別代理人候補者の住民票または戸籍の附票
⑤遺産分割協議書(案)や登記簿謄本など
⑥利害関係を証明する資料

●書類を提出する裁判所

子の住所地の家庭裁判所

相続手続きサービスのご案内

相続手続き
おまかせパック

詳しくはこちら

相続放棄手続き
代行サービス

詳しくはこちら

遺言書作成サービス

詳しくはこちら

お電話でのご相談はこちら

03-6382-6658

受付時間:10:00~19:00(土日祝を除く)

事務所名:東京国際司法書士事務所

相続相談会実施中!

 お電話でのご相談

03-6382-6658

お気軽にご連絡ください。

司法書士さんへの依頼は一生で何度もないけれど、初めての時から説明や料金の事など分かりやすく説明され、納得できた。
→続きを読む

この度はありがとうございました。おかげさまで
→続きを読む

家族を亡くして悲しみの中でも、事務的な処理が多く多忙な中でも何度も足を運ぶことなくスピーディーに対応していただき感謝している。→続きを読む

ご連絡先はこちら

東京国際司法書士事務所

ご来所によるご相談は予約制

03-6382-6658

03-6385-7558

info@tokyo-intl.com

受付時間:10:00~19:00
(メールは24時間受付)

代表ごあいさつはこちら

住所

〒164-0001
東京都中野区中野3-39-9
倉田ビル1階

アクセス

JR中央線・総武線・東京メトロ東西線「中野」駅南口より徒歩2分

主な業務地域

中野相続手続センターでは東京の中野区、杉並区、練馬区、目黒区、世田谷区ど23区を中心に東京全域、そして神奈川県、埼玉県を含む首都圏や全国どこでも相続の相談対応をしています。

事務所概要はこちら

出版物の紹介

相続税は3年で0(ゼロ)にできる。書籍表紙

相続税は3年で0(ゼロ)にできる。
Amazon『相続税・贈与税ランキング』1位獲得!