東京都中野区杉並区・練馬区・世田谷区等で相続についてお悩みなら、中野駅徒歩2分の東京国際司法書士事務所『中野相続手続センター』までご相談ください。

〒164-0001 東京都中野区中野3-39-9 倉田ビル1階 <JR・東西線 中野駅南口より徒歩2分>

相続相談会実施中!【予約制】

03-6382-6658

受付時間

10:00~19:00(土日祝を除く)

相続放棄する場合
支払いや片付け・処分についてのよくある質問

相続放棄をしても被相続人(亡くなった方)がお世話になった施設や病院代を支払いたいのですが・・・

相続放棄をする場合は、原則「何も支払わないほうがよい」と考えて下さい。

被相続人が残した債務(負債)は、相続放棄をすれば原則支払う必要がありません。支払う義務は一切ないのですが、やむを得ない事情で支払う場合は、必ず相続人ご自身の財産から支払うようにして下さい。

被相続人の現金や預金から支払ってしまうと、相続財産を処分したとみなされ相続放棄をすることができなくなる可能性があります。

相続放棄をする場合、被相続人の財産から支払いを認められているのは、一般的な範囲での葬祭費用のみとなります。

被相続人と同居していた場合、公共料金や家賃の支払いはどうすればよいですか?

状況に応じて支払いが必要です。

被相続人と同居していて相続発生後も引続き同じ住宅に住み続ける場合は、公共料金や家賃は住み続ける方が、新たに契約を結び直した上で支払って下さい。

被相続人が世帯主で、世帯主宛に請求が来ていた国民保険等については相続放棄をする旨を伝えた上で、手続きについてお住まいの自治体にご相談下さい。

なお、家賃や公共料金は日々の生活に伴い発生した費用は、被相続人名義で残っている債務でも「日常家事債務の連帯責任」が民法で定められているので、生計をともにしていた配偶者は相続放棄をしても、ご自身の財産から支払う必要があります。

もう使わない携帯電話やクレジットカードは解約しても大丈夫ですか?

カードの解約手続きには問題ないでしょう。

相続放棄をするのであれば手続きをする必要はありませんが、死亡の通知や解約の手続きをすることで被相続人の財産が減るわけではないので、手続きをしたからといって相続放棄が認められないということはないかと思います。

なお、相続放棄をする場合の携帯電話の名義変更については、端末が高額な場合は金銭的価値があるものを相続したともとらえられるので手続きは控えましょう。

被相続人が孤独死して部屋の片付けを求められていますがどうすればよいでしょうか?

対応の義務はありません。

被相続人が孤独死した場合の住宅の清掃や片付けですが、相続放棄をするのであれば対応する義務はありません。大家や管理会社からの費用の請求に応じる必要もありません。しかしながら道義的に対応したいということであれば、費用は相続人自身が出し、金銭的価値のあるような家財や衣服は処分しないよう気をつけて下さい。相続放棄についての判断に迷う場合は、すべて保管をしておきましょう。

なお、賃貸借契約の連帯保証人なっている場合は、相続放棄をしても連帯保証人としての原状回復に伴う費用等を支払う義務が残りますのでご注意ください。

上記以外にも相続放棄手続きのご質問がありましたら、当事務所までご相談ください。相続放棄に詳しい司法書士が回答します。

お電話でのご相談はこちら

03-6382-6658

受付時間:10:00~19:00(土日祝を除く)

事務所名:東京国際司法書士事務所

相続相談会実施中!

 お電話でのご相談

03-6382-6658

お気軽にご連絡ください。

司法書士さんへの依頼は一生で何度もないけれど、初めての時から説明や料金の事など分かりやすく説明され、納得できた。
→続きを読む

手続の状況がわかりやすくメールで伝えていただいたと思います。→続きを読む

家族を亡くして悲しみの中でも、事務的な処理が多く多忙な中でも何度も足を運ぶことなくスピーディーに対応していただき感謝している。→続きを読む

ご連絡先はこちら

東京国際司法書士事務所

ご来所によるご相談は予約制

03-6382-6658

03-6385-7558

info@tokyo-intl.com

受付時間:10:00~19:00
(メールは24時間受付)

代表ごあいさつはこちら

住所

〒164-0001
東京都中野区中野3-39-9
倉田ビル1階

アクセス

JR中央線・総武線・東京メトロ東西線「中野」駅南口より徒歩2分

主な業務地域

中野相続手続センターでは東京の中野区、杉並区、練馬区、目黒区、世田谷区ど23区を中心に東京全域、そして神奈川県、埼玉県を含む首都圏や全国どこでも相続の相談対応をしています。

事務所概要はこちら

出版物の紹介

相続税は3年で0(ゼロ)にできる。書籍表紙

相続税は3年で0(ゼロ)にできる。
Amazon『相続税・贈与税ランキング』1位獲得!

アップストアへのリンク

グーグルストアへのリンク