東京都中野区杉並区・練馬区・世田谷区等で相続についてお悩みなら、中野駅徒歩2分の東京国際司法書士事務所『中野相続手続センター』までご相談ください。

〒164-0001 東京都中野区中野3-39-9 倉田ビル1階 <JR・東西線 中野駅南口より徒歩2分>

相続相談会実施中!【予約制】

03-6382-6658

受付時間

10:00~19:00(土日祝を除く)

自筆証書遺言とは

自筆証書遺言は費用をかけることなく

紙、ペン、印鑑があれば作成できます。

自筆証書遺言は最もシンプルな遺言書で、自分ひとりで費用もかけることなく作成することが可能です。

必要なものは、紙とペン、そして印鑑だけです。

通常は封筒に入れるのでその場合は封筒も必要です。封筒は第三者の手によって勝手に書き換えられることを防ぐためです。

証人不要な遺言書

自筆証書遺言というのは、証人が一切不要となっているので、遺言書の内容について亡くなるまで秘密にすることができます。

公正証書遺言では証人へ内容を知られてしまい、秘密証書遺言も証人に遺言書を残したという事実だけは知られてしまいます。

遺言書が無効になってしまう可能性があります

ただし、一般の方が作成する場合によくあるのが、法律で定められた遺言書の要件が満たされていなかったり、内容があいまいだったということで遺言書が無効になってしまうケースです。

また、不利益を受ける相続人に発見され、遺言書を隠されてしまったりする可能性もあります。

家庭裁判所で検認手続きが必要

そして、自筆証書遺言は家庭裁判所で検認を受ける必要があります。

検認手続きは、相続人または代理人が各種書類を用意して裁判所へ行かなければならないので、遺言書の作成する時は簡単で、費用がかからなくても、相続発生後は検認手続きなどの処理が必要になってしまうのです。

自費証書遺言の作成方法

  • 全文を自署すること(自分の手で書くこと)
    ​遺言書に使うペンや紙には特に決まりはありません。鉛筆であっても家庭裁判所で検認されればOKです。
    ただし、改ざんされてしまう可能性を考えるとボールペンにしましょう。
    遺言書を自筆することが条件なので代筆をしてもらうことやワープロで作成したものは無効となります。
    さらに、代筆したことが少しでも分かると、その遺言書自体が無効とされます。つまり遺言者が自分の意思で遺言書に書き写すことが重要とされているのです。
    また、日本語は複雑なので遺言者が意図していなかったように伝わる可能性もあり、できる限りシンプルにすることです。

     
  • 日付を必ず記入すること
    西暦でも元号でもいいので、遺言書を書いた日付をかならず記入してください。
    遺言書は何度でも書き直すことができます。
    遺言書を作成してから時間が経ってすっかり家族の関係が変わってしまったりなどという場合も考えられるからです。
    遺言者の死後、遺言書が何通も見つかることがあります。その場合にどの遺言書が優先されるかといえば、一番新しい遺言書が優先されることになります。

    遺言書に記載された日付

    ◯ 『平成24年3月31日』 

    ◯ 『西暦2012年3月31日』 

    × 『平成24年3月』

    ◯ 『平成24年3月末日』 

    × 『平成24年3月吉日』 

    ◯ 『遺言者の60歳の誕生日』 

     
  • 署名をすること
    通常は戸籍上の氏名を記入します。 例えば、芸能人などの本人であることが誰にでもわかる場合は芸名でも問題ありません。 

     
  • 押印をすること
    印鑑は実印でも認印でも法律上は問題ありません。実印を押しておいたほうが安心です。拇印については、有効とされる裁判所の判断もあります。ただ、これも裁判で争うことになるので避けましょう。

以上が自筆証書遺言の要件です。

自費証書遺言の保管方法

最後に、作成した遺言書については、自分で保管したり遺言執行者へ預けて保管することとなります。

ただし、遺言書を銀行の貸金庫へ入れる場合は、注意が必要です。

その理由として、いざ相続が発生すると銀行所定の用紙へ相続人全員の署名捺印がないと貸金庫の中身を出すことができないことがあります。

例えば、相続人の長男のみにすべてを相続させると記載した遺言書を貸金庫へ入れておき、遺言執行者も長男としました。

そして相続が発生して、長男は銀行へ貸金庫の遺言書を取りに行ったところ、銀行から『他の相続人(二男)から署名捺印をもらってきてください。』と言われました。二男は自分に相続されないことを考えてまったく協力してくれません。

貸金庫から遺言書を取り出せないと、長男は相続手続きが進められず、貸金庫の遺言書を取り出すために裁判手続きが必要になる等、遺言書で相続手続きが楽になると思ったら逆に大変になってしまったという事例があります。

民法改正の影響

平成30年7月6日、民法改正案等の関連法案が参院法務委員会で可決されました。自筆証書遺言についても要件が緩和されたり、法務局にて自筆証書遺言を保管を申請すると家庭裁判所での検認も不要になる等、変更が予定されています。

相続手続きサービスのご案内

相続手続き
おまかせパック

詳しくはこちら

相続放棄手続き
代行サービス

詳しくはこちら

遺言書作成サービス

詳しくはこちら

お電話でのご相談はこちら

03-6382-6658

受付時間:10:00~19:00(土日祝を除く)

事務所名:東京国際司法書士事務所

相続相談会実施中!

 お電話でのご相談

03-6382-6658

お気軽にご連絡ください。

司法書士さんへの依頼は一生で何度もないけれど、初めての時から説明や料金の事など分かりやすく説明され、納得できた。
→続きを読む

この度はありがとうございました。おかげさまで
→続きを読む

家族を亡くして悲しみの中でも、事務的な処理が多く多忙な中でも何度も足を運ぶことなくスピーディーに対応していただき感謝している。→続きを読む

ご連絡先はこちら

東京国際司法書士事務所

ご来所によるご相談は予約制

03-6382-6658

03-6385-7558

info@tokyo-intl.com

受付時間:10:00~19:00
(メールは24時間受付)

代表ごあいさつはこちら

住所

〒164-0001
東京都中野区中野3-39-9
倉田ビル1階

アクセス

JR中央線・総武線・東京メトロ東西線「中野」駅南口より徒歩2分

主な業務地域

中野相続手続センターでは東京の中野区、杉並区、練馬区、目黒区、世田谷区ど23区を中心に東京全域、そして神奈川県、埼玉県を含む首都圏や全国どこでも相続の相談対応をしています。

事務所概要はこちら

出版物の紹介

相続税は3年で0(ゼロ)にできる。書籍表紙

相続税は3年で0(ゼロ)にできる。
Amazon『相続税・贈与税ランキング』1位獲得!