東京都中野区杉並区・練馬区・世田谷区等で相続についてお悩みなら、中野駅徒歩2分の東京国際司法書士事務所『中野相続手続センター』までご相談ください。

〒164-0001 東京都中野区中野3-39-9 倉田ビル1階 <JR・東西線 中野駅南口より徒歩2分>

相続相談会実施中!【予約制】

03-6382-6658

受付時間

10:00~19:00(土日祝を除く)

相続税がかかる生命保険とは?

 【相続税の課税対象となる生命保険】

    家族構成:夫、妻、子供2人

               夫               妻

            契約者(保険料負担者)       生命保険金受取人

              被保険者 

 

契約者、被保険者である夫が死亡して、生命保険金5000万円を受取人である妻が受け取りました。

被保険者自身が契約者となり保険料を負担していた場合、生命保険金は「みなし相続財産」として夫の遺産となるため相続税の課税対象となります。

しかし、生命保険金には非課税金額があり、生命保険金額から非課税金額を差し引いた金額に対して税金が課せられます。
計算方法は、法定相続人の数によって異なります。

 

【計算方法】

    (法定相続人の数) ×  500万円 = 非課税金額

     3(妻×子供2人) ×  500万円 = 1500万円

よって、

生命保険金−非課税金額=課税対象額

5000万円−1500万円=3500万円

3500万円に対して相続税がかかります。

 

 

◆相続放棄をした場合の計算方法 

子供が相続放棄した場合は、上記計算通り1500万円を控除できますが、生命保険金の受取人である妻が相続放棄をした場合、そもそも相続人ではない扱いとなるため、生命保険の非課税の適用がありません。 

また、生命保険金は「みなし相続財産」なので相続税の課税対象となり、本来非課税となるはずだった遺産に対しても相続税が課せられることがあります。 

 

 【所得税の課税対象となる生命保険】

次のような契約の場合は、相続税ではなく所得税が課せられます。

 

契約者:子供

被保険者:親

受取人:子供

 

契約者(保険料負担者)が受取人となっていた場合、生命保険金は被相続人の遺産という扱いにはなりません。

 

そもそも、子供が保険料を支払っていて、なおかつ生命保険金を支払っていた本人が受け取るので所得扱いとなり、相続税ではなく所得税の課税対象となります。

契約内容によって、このように税金の種類も変わりますので、生前対策などをお考えの方は、一度相続の専門家にご相談の上、資産管理をされることをおすすめいたします。

相続手続きサービスのご案内

相続手続き
おまかせパック

詳しくはこちら

相続放棄手続き
代行サービス

詳しくはこちら

遺言書作成サービス

詳しくはこちら

お電話でのご相談はこちら

03-6382-6658

受付時間:10:00~19:00(土日祝を除く)

事務所名:東京国際司法書士事務所

相続相談会実施中!

 お電話でのご相談

03-6382-6658

お気軽にご連絡ください。

司法書士さんへの依頼は一生で何度もないけれど、初めての時から説明や料金の事など分かりやすく説明され、納得できた。
→続きを読む

この度はありがとうございました。おかげさまで
→続きを読む

家族を亡くして悲しみの中でも、事務的な処理が多く多忙な中でも何度も足を運ぶことなくスピーディーに対応していただき感謝している。→続きを読む

ご連絡先はこちら

東京国際司法書士事務所

ご来所によるご相談は予約制

03-6382-6658

03-6385-7558

info@tokyo-intl.com

受付時間:10:00~19:00
(メールは24時間受付)

代表ごあいさつはこちら

住所

〒164-0001
東京都中野区中野3-39-9
倉田ビル1階

アクセス

JR中央線・総武線・東京メトロ東西線「中野」駅南口より徒歩2分

主な業務地域

中野相続手続センターでは東京の中野区、杉並区、練馬区、目黒区、世田谷区ど23区を中心に東京全域、そして神奈川県、埼玉県を含む首都圏や全国どこでも相続の相談対応をしています。

事務所概要はこちら

出版物の紹介

相続税は3年で0(ゼロ)にできる。書籍表紙

相続税は3年で0(ゼロ)にできる。
Amazon『相続税・贈与税ランキング』1位獲得!